スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘薬比較研究 (2)_私的個人的主観_【サプリメント】

今日も,先日の続きで,便秘薬比較である。


(2) コーラックⅡ

「コーラック」と聞くだけで,「超下痢状態になって一日中トイレから出られないのでは?」と思って,背筋が凍る人もおらっしゃるかもしれない。
しかし,背筋が凍る方は,「コーラック」でありⅡのついていないほうである。

このⅡは,比較的穏やかに効く。(といっても,最大限の量である3錠飲めば・・・,トイレと一日お友達??かな?)
しかも,便に水分を含ませるDSSという成分が入っているためか,
「程よく柔らかい感じ」で排便することが出来る。

私は最近,これがお気に入りである。


fc2blog_20120722033109b8c.jpg



(3) センノサイド12mg

これは「大黄甘草蕩に体が慣れてしまった」と,内科の先生に行ったところ,処方されたお薬である。

これも結局,漢方に良く使われる超有名な「センナ末」から抽出したお薬である。


うーーん,これは・・・

「お腹がかなり痛くなる割には,あまりすっきり出ない」

という感想が,正直なところである。


しかし,お薬の効き目には個人差があるので,必ずしも,私と同じとは限らないであろう。

fc2blog_20120722033211a75.jpg


(4) ハイロストール錠

これは,かなり以前の記事でご紹介したことがある。

私の家族がすごく愛用している代物だ。

私もつい最近までは,これを愛用していた。


このお薬の良いとことは,

下の写真のとおり,多くの種類の生薬が配合されているので,癖になりにくいこと(らしい。薬局のおじさん曰く)
これほど多くの生薬が配合されているお薬を見たことが無い。
良いお薬なのに,なぜか,あまり置いている薬局が少ないのだ。
なんで?売れないの?

また,あまり下痢っぽくならずに自然に排便できることである。

(ちなみに,これは,上述で紹介した,「センナ」と「ダイオウ」が含まれている。)

このお薬は,軽い便秘に悩まされていて,きつい下痢になりたくない人には,個人的におすすめである。
(あくまでも,私の主観的な意見であり,個人個人効き方は違うと思われるので注意してください。)

fc2blog_20120722033316d48.jpg



fc2blog_20120722034249f7b.jpg


スポンサーサイト

便秘薬比較研究 (私個人の主観による)_【サプリメント】_ ツムラ 大黄甘草蕩

今日は,「便秘薬,つまり下剤について」書こうと思う。

私は元来小6くらいから便秘気味なくらいの便秘症なのだが,

いまは,とある薬の副作用のせいで極度の便秘である。



(最近は,本当に医療費が高くて困る・・・。
診断書などを含めると一か月で10万円弱くらい払っているのではないかな。
(協会健保さん,早く書類の処理してください・・・。))


ちょっとここで,下剤について書く前に,お薬を一杯飲むことへの批判に大して,私の意見を書かせていただく。

こんなにお薬を一杯飲んで,「かわいそうだな」とか,

もしくは「自己管理が甘いせいで,病気になるのだから,自己責任だ」と
お思いになる方もいらっしゃるかもしれない。

まあ,個人の意見なのでご自由にお思いになればいいと思う。

しかし,それを私に聞こえるところで,口に出さないでほしい。

人にはやむを得ない事情がある。

特に,病気に対して自己責任などという軽薄な意見は,患者を深く傷つける。

人生,自分の力ではどうしようもない,他人によって左右される確率によって決まることも大いにあるのである。

(私に向かって言ってこられたら,もちろん論理的に反論させていただきますが。
コメントに自己責任論について書かれても,返信はしません。
私が会っても良いと思う人に限り,会ってお話ししましょう。)


たまに,「お薬をたくさん飲まない方が良いよ」と,おっしゃる方がいらっしゃる

このお言葉だけは,勘弁願いたい。

悪気はないのはわかるが,それを言われると,
「じゃあ,あんたが病気治してくれるのか?」
と言いたくなる。(私は短気です。)
軽々しく言うな。
こっちはそれなしじゃ生きていけないのだ。
他に代替法がないから仕方なく飲んでるのだ。
飲まなくても良い解決法方法があったら,教えてほしい。


お薬をたくさん飲むことの何が良くないのだ??


どれだけお薬をたくさん飲もうとも治ればそれでOK,それくらいで治るなら幸せなことではないか??
症状が治まらないよりもよっぽどましである


薬反対論者の想定される答えは,
1. → 副作用があるから
2. → 薬がないと生きていけない依存症になるから

1. 
漢方を含め,どんな薬にも副作用はある。当たり前だ。
副作用によってこうむる不利益よりも,作用のほうが便益が大きかったら,飲む必要があるのなら飲んでもよいのではないか?
たくさん飲んでるそれぞれの薬の作用が被らないように注意して飲めばよいのである。

2. 
まさか,麻薬や覚せい剤を使うわけじゃあるまいし。
また,たばこのほうがよっぽど依存姓に注意すべきだとおもうよ。
大きく考えて,地球上の人間殆どみんな,何かを拠りどころにして生きているのではないか。
病気の間くらいは,薬に頼って生きても良いのではないか?



っとまあ,今回は,聞き苦しい持論を展開してみました・・・。

読みたくない人は,スルーしてください。


***************************************

ということで,今までたくさん下剤を飲んできた。
並べると,こんな感じである。


fc2blog_20120722032848e9f.jpg


(1)  ツムラ84 大黄甘草蕩

これは,漢方薬はああるが,結構きついめの「ダイオウ」の粉末が主剤なので,
かなりよく効く。

しかも,甘草という痛みをおさえたり(甘草は漢方薬に必須の生薬である)する生薬が配合されているので,
あまり,お腹が痛くならずによく効く点がGOODである。

ただし,大黄のみが主成分なので(成分が多いほど癖にならないらしい),
毎日飲み続けると日に日に飲む量が多くなってしまうかもしれない。

また,オブラート無しで飲むと,とてもマズイ味がすることが欠点かな。


fc2blog_20120722032942046.jpg



下剤について,今日はここまで。

また,後日他の下剤について説明します。





胃痛にはコレ

胃がイタい日もあるよね。

そんなとき、定番なのは

ガスター
(ガスターは、第一類医薬品なので薬剤師さんが薬局にいないと販売できない)

だけれども……

運悪く、薬剤師さんがお休みで、

第一類医薬品を買えません!

というときもあるだろう。
(わたしは、この状況によくでくわす)


そんなとき、たまたま購入したのが、

ガストール

である。

これは、M1ブロッカー胃腸薬

といって、ガスターの H2ブロッカー胃腸薬

とは違う種類のお薬だけれども、なかなかよく効く。




何が言いたい記事なのか、書いていてじぶんでも不明になってきが、

まあ、要約すると、

「薬局には薬剤師さんがいてほしいです」

「ガストールは、私にとってはなかなか良い薬である」

という2点である。

ユンケル 皇帝液  【気休めサプリメント】

P1020607.jpg 


疲れた日


疲れる前
(たとえば「今日は徹夜になるであろう」 ということが事前に分かっている日の朝)

には,「ユンケル 皇帝液」 もしくは,「ユンケル ローヤルゼリー」 である。


肝心の効果のほどは・・・?というと,あまり定かではない。

効くな~と思うこともあれば,なんとも思わないこともある。

まあ,飲んだことによる気休めという効果が得られるのは確かである。

気休め効果を得るために,ピンチの時にはなぜかいつも飲んでしまうのである。


P1020610.jpg

ツムラ葛根根 1(医療用) 【頭痛の悩み解消アイテム】 

私は長年,ひどい肩こり首こり+頭痛+目の奥が痛いに悩まされてきた。

これがとんでもなく不快で,最近ではしかもほぼ毎日なのである。
 
頭に孫悟空の輪を嵌められたみたいにキューと痛いし,肩と首が泣きそうに痛いのだ。

ごくたまにではあるが,吐き気を伴う時もあるし,孫悟空の輪の痛みではない痛み方がする時がある。
「ドキンドキン」と痛く,頭を振ると余計に痛みが増すのである。

また,飛行機に乗っているときや,トンネルの多い新幹線などでも痛みが激しくなるのも特徴である。

しかも,病院に行っても「頭痛は難しいからいわゆる特効薬というかこれを飲めば大概大丈夫!というような薬はないんだよね~」,という反応をされ,今まで血流を良くするリンプラールというお薬とか,何やら最新のお薬(名前を忘れた)をもらったりしたが,あまり効かなかった。

もちろん,市販の鎮痛剤(ナロンエースや,イヴA,バファリン,サリドンなど)を飲んでもそんなに効かない。

シップもそれほど効かない。

何でも気になることは調べたくなる性格なので頭痛についても調べてみた。

すると以下のことが分かった。

頭痛には大きく分けて4つの種類があるという。

1. 緊張型頭痛
2. 片頭痛
3. 緊張型と片頭痛の混合型頭痛
4. 群発性頭痛

私はどの種類なのだろうか??

とずっと考えた結果,どうやら肩こりを伴うことから緊張型頭痛であると思う。
また,頭を揺らすとドクドク痛い時があることから,片頭痛の時もあるのだと思う。

したがって,3.緊張型と片頭痛の混合型頭痛の可能性が高いように思う。


どうしようもないのかと半ばあきらめムードで過ごしていた。

しかし,ふと行ったとある病院でこの頭痛と肩こりが酷いという話をすると,

「葛根湯を飲んでみますか??」

と言われた。

私は正直,「そんなベタな漢方が効くのか??」

と半信半疑だったが,飲んでみると??

結構軽減されるではないか!!

めちゃくちゃ嬉しい!

劇的に良くなるわけではないが,結構マシになるのだ。

今は「ツムラ 葛根湯① 医療用」が頼りである。

プロフィール

YY

Author:YY
万年筆にハマって10年。

気まぐれな性格なので更新が不定期ですが、気長に付き合ってください。

時計

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問人数

TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。