スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトスター







今更ながら、モンブラン 149 の良さに感心する。

具体的な良さとは、

一番は、頑健性だろう。

他には、シンプルさ かな。

とにかく、深く考えなければならないときや、
どうしても早書き、かつ高筆圧になってしまうとき、

にこの万年筆の良さがわかる。






スポンサーサイト

MontBlanc 149 (M)

ご存じの方は結構いらっしゃると思うが,数年前,嵐のようなモンブラン149マイブームがあった。
その時に,とあるディスカウントショップで何本か買いあさった。
本当にアホもいいとこである。
せっかちですぐにインクを入れたくなる私にしては珍しく(ご後々紹介する予定のPelikanM800 緑縞も同じ経緯をたどっているのだが),Pen and messdage.さんの委託にいつか出せるかもしれないと思い,未開封のまま取っておいた。
しかし,私的な諸事情から,極力取引はできない状況になってしまったので(取り引きでも委託なら大丈夫かもしれないが),自分で使うために開封しインクを入れた。
入れているインクは,「エルバンのサファイヤブルー」である。
このインクのインプレッションについては,後々記事にするつもりである。
ペン先はMである。

モンブランのペン先はとても堅く,そしてそのブランド戦略から,愛好家の方々からは賛否両論あるようだが,私はペン先の堅さも,ブランド戦略にも,それはそれでよいのではないかと,好意的な立場である。
硬くよく滑る書き味は,早書きの私には好都合でかつ,好みである。
また,万年筆は実用品の側面も確かに大いにあるが,結局今の時代,愛好家を除いて,ボールペンなどの筆記具よりもかなり高価であることもあり,一般的にはブランド品(奢侈財というべきか)と認知されているような気がするので,リシュモンの売り方には一理あると思う。
しかし・・・,私の行きつけのお店のPen and message.さんで販売できる状況になれば,嬉しいなとは思うが。

万年筆の2大巨頭といえば,モンブランとペリカンである(この認識は愛好家だけか?)と思うが,私はそれぞれ好きである。
ペリカンのイリジウムの滑り方と,モンブランの滑り方は違う。
両者ともよく滑るが,ペリカンは少しシャラとっした滑り方をするのに対し,モンブランはツルっとすべる。
しかし,ペリカンのほうが滑り方は軽い。
(ような気がする。あくまでも私自身の主観である。)
皆様はどちらの滑り方が好みでしょうか?
私は,どちらかといえばペリカンの特にM800の滑り方が好きである。

ということで,あまりにも有名なペンなので,画像を載せることに意味はあまりないと思うが,一応載せることにする。

P1010561.jpg

このテーマについては特に,使っているうちに考えが変わるだろうなと思うが,今の段階ではこのように思っている。

プロフィール

YY

Author:YY
万年筆にハマって10年。

気まぐれな性格なので更新が不定期ですが、気長に付き合ってください。

時計

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問人数

TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。