スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「唾石症・唾液腺炎」の思い出 【病気の思い出シリーズ】

私はあまり体が丈夫ではない。

自己管理が甘いせいも多分にあるのだろうが,体質的にもなにか原因があるのだろう。


最近なった病気の中でたぶん一生思い出に残るであろうというのが,「唾石症 + それによる唾液腺炎」である。


◎ 唾石症 とは・・・(すごく簡単な説明)

口の中の唾液腺に結石ができる病気である。

石が詰まった側の唾液腺がはれる。

炎症が起こっていると膿が出てくる。

小さいうちは自然と排出されるが,大きくなると手術して取り除かなければならない。

口の中の胆石のようなものであると,私は解釈している。

また,石がかなり大きくなるまで自覚症状がほとんどないのが特徴である。

原因は唾液の粘度が高くなってしまうことらしい。


◎ 病気の経過

異常はとある木曜日にやってきた。

その時点では「なんか,リンパ腺の付近がおかしいな?ご飯を食べると腫れるな~」という程度だった。

そして・・・次の日

「うん?食後にリンパ腺とか口の付近が痛いな~。でも食後しばらくすると治るな。風邪かな?」様子を見ようと思った。

しかし,その日の夕食時に口の中に激痛が走る。

また困ったことに今まで味わったことのない痛みだったので,何が何だか?どこが痛いのかもわからず,病院でも何科に行けばよいのかわからなかった。

そんなこんなで土曜日

どうやら食事と痛みが関係しているということが分かった。

また,「少しでも塩分を含んだ辛いもの」を食べると痛いことが判明した。

しかしながら,空腹でたまらないが近くのスーパーに元気もなく,家にはカップラーメンしかなかった(私は一切料理をしないのいで自宅に全く食事の材料はない)ので,痛みと闘いながら少し食べたが,結局食べられなかった。

そうしているうちに痛みはどんどん増していった。

痛くてのた打ち回る始末。当然まったく寝られない。

ついに月曜日

絶対病院に行かなければならないと思った。

しかし,これがまたどこが悪いのか,何の病気かよくわからなかったので何科に行けばよいのかわからなかったが,とりあえず内科に行った。

そして,お医者さんにリンパ腺付近と口の中が異常にい痛く,食事が出来ないことを伝えた。

口の中を見せると,「うーん,唾液線付近がかなりはれてますね~。膿が酷いですね。うーん。それはうちの科ではみられないので耳鼻咽喉科に行ってください。」と言われた。

このときの私の心の中は・・・?

「とりあえず病院に行けばこの痛みから解放される」というような「藁をもつかむ思い」だったのでかなりショックを受けた。

こんなに痛いのに違う病院に行かなければならないなんて!!助けて~!!というかんじだった。

半泣きで耳鼻科へ行った。

すると先生は,「これは唾石症で唾液腺炎という症状やな。切って石をださなあかんわ。今から切りたいけど腫れ過ぎやし膿が多く出過ぎやから,今は切られへんわ。とりあえず,抗生物質と痛み止めと,消炎剤(たぶん)を飲んで腫れが引いてから手術をしよう。」
と言った。

私はまた衝撃を受けた。

今日痛みから解放されると思っていたのに!

「えー,もうとにかく今日切ってください!!この痛みから解放されるためにはどんな怖い手術でも耐えますから!!」と心の中で叫んでいた。



そして2日後・・・病院へ。

(ちなみにこの2日間プリンとゼリー以外口に出来なかった

また「痛みで泣くというのはこういうことなのか」ということを思い知った。)

先生に口の中を見せると・・・,

「うーん,まだ腫れがひどいし膿も多いな~。でもしゃあないな。今日手術しよか。」

と言われてホッとした。

手術は怖いけどこの痛みから解放されるならもう何でもいい!!

そして,寝ころんで意識がない状態で切ってくれるのかと思いきや,手術の方法は椅子に座って口を開けながら部分麻酔の状態で切って石を取り出す方法だった。

麻酔を患部の近くに何本か打たれる。麻酔の注射は痛いがこのときはそんな痛みは吹っ飛んでいた。

また途中,麻酔が切れて痛かったが,この痛みも大したことが無いと感じられた。

口をあけること小一時間。

やっと大きな石が取れた。

先生は「大きな石やな~。こんな大きさはめったにないわ~。」と何だか少し「感慨深げ + 驚き」 の様子であったがそんなことは私にとってはどうでもよく,正直取れたら何でもかった。

「ベットで横になりましょう」と看護師さんが言いかけたその瞬間,

ホッとした~。と思いきや,落とし穴が!

もう一つ石が残っていることに先生が気づく。

その後なんとか 2 つ目の石が取れた。

本当にやっとである。これであの痛みから解放されるのか!と思うと嬉しくて涙が出るかと思った。

取れた石を見せてもらってびっくりした。

本当に大きいではないか。

今はこの石をお守りとして財布に入れている。

少し砕けて形が変わってしまったが,あらかたこんなかんじである。

せっかくなので写真を載せよう。


気持ち悪い画像なので見たくない人は飛ばしてください。



P1020814.jpg 


別の角度からもう一枚。

P1020817.jpg
(下の紙は 5 ミリ方眼である)


術後数日間はずっと血の味がしていたが,手術前の強烈な痛みよりよっぽどましであった。

災難であったが,この経験も今となっては「良い話のネタ」である。人生の肥やしである。

しかしもうこんな体験は一度きりで十分。マジで二度と経験したくない。





スポンサーサイト

コメント

No title

 ごっついオッサンとかならともかく、スリムでたおやかで可愛らしいBroadbrowさんの口の中からこんな石が出てくるなんて・・・・・。どこに入る余地があったのか、と、自動車やノートPCの設計者が興味を持ちそうです。

 私も先日の大雪の日に大回りをしてまで歯科救急へ行きましたが、それも痛みから解放されると思えばこそ。週末2日間も痛みとつきあってらっしゃったなんて、強すぎます。

Re: No title

つきみそう さま,

いつもコメントありがとうございます。

ホントにどんな風に,細い唾液腺にあんな大きな石を収納してたのでしょうね(笑)?

歯の痛みで大変だったという記事を,私の唾石症の痛さを思い出しながら先日読ませていただきました。
お互い大変だったですね~。
2日我慢できたのは,今思えば「よく我慢したな~」と我ながら感心しますが,「強かった」というよりは救急に行くという発想が浮かばなかっただけなのです・・・。

No title

いや~大変だったんですね、しかもあの大きさとはびっくり。でも無事取れてよかったよかった・・意思(石)が強い人だからなのかな?つまらん冗談はよしましょう(笑)失礼~

私も石持ちでした

石の写真を拝見して、私の尿管にできた結石のことをまざまざと思い出しました。
もうずいぶん前のことなので、すっかり記憶から消え失せていたのですが・・・・

幸い手術することもなく、服薬のみで自然に排出されたのですが、それまでは
とても痛くて、文字どおり七転八倒しておりました。

唾液管は尿管よりずっと細いのでしょうから、痛みもよりひどそうですね。
ご同情いたします。痛みから開放されてなによりでした。

Re: No title

夢待ち人 さま,

いつも読んでくださってありがとうございます。

確かに大変でした(笑)。今となっては持ちネタの一つですが。
いえいえ,どんどん冗談を書きこんでください!
私のブログ自体が「冗談のカタマリ」のような存在ですから・・・苦笑!

Re: 私も石持ちでした

ざとちゃん さま,

いつもコメントありがとうございます。。

おー,石仲間ですね!
まさに七転八倒の痛み,本当に地獄ですよね~(泣)。
この痛みの苦しさを分かっていただいて嬉しいです!

私今真っ只中です

たまたま検索していて見つけたので、記念に書き込み♪

私唾石歴10年以上でして、出来てはあの猛烈な痛みと闘い、病院に行っても抗生剤と痛み止めを渡されるだけで、いつしかポロッと生み出されるまで耐える→黄色っぽい石がグリッと出る→しばらく平和

しかし数ヶ月するとまた出来る。これの繰り返しでした(T_T)

そして先週今までに無いほどの痛みが…

CTで見たところ、直径1cm強の石が2個クッキリと

今のところ痛みは変わらず毎日抗生剤の点滴と痛み止めを飲みながら、流動食でさえ唸るくらい…

大きな総合病院のため、手術が6月まで待たなければいけなくて、しかも頻繁に石が出来るため唾液腺ごと摘出するので、耳下から顎にかけて傷が残るらしいです…

とりあえず早く治れば傷なんてどうでもいいんですけどねv-12

私も出た石を記念に貰おうかなぁv-7

私も(^^;

今が痛くて痛くてたまらない時期で検索中に辿り着きました。。。
痛みには強いつもりの母ですが、それでもこれは「痛い」!
本当に痛過ぎて鎖骨まで痛くなりました。。。
で、お薬処方されて未だ・・・
スッキリ出るなら傷でも何でもいいから切って出したい衝動にかられます(^^;
長引くのは嫌ですね~
耳鼻科なんですね・・・
でもこのブログを見て少し(お仲間が世の中にいる事に)安心した自分がいます。
頑張ります(TT)
非公開コメント

プロフィール

YY

Author:YY
万年筆にハマって10年。

気まぐれな性格なので更新が不定期ですが、気長に付き合ってください。

時計

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問人数

TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。