スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古で洋書を買った

もう、2016年1月3日です。
月日が経つのは早いですね。
ところで、先日、Amazonで中古の洋書を買いました。
( 因みにわたしは中古本がイヤで今まで滅多に買ったことなかったのですが、新品が何故か市場から消えていたので、仕方なく中古にトライしてみました。 )
表示には良品と書いてあったのですが、、、。
届いたものを見てみれば、うっ!ショック!
ボロいし、臭うし、書き込みあるしで、ショック極まりないです。


ちなみに、中古で価格は2万円なり。高すぎです。
まぁ、どうしても手に入れる必要があったので仕方ないと納得するしかないです。
今度からは、中古本の通販には気をつけます。

忘年会 道中

久々の近鉄特急。
懐かしい!
大和八木に向かいます。

忘年会 2015 1

編集、滞っておりました。
今日は、忘年会の予定が2つ入っております。
一つ目は、小学校の女子メンバーでお茶。
二つ目は、予備校メンバーでの飲み会とカラオケ大会!
どちらも楽しみです。

ドキドキ・・・ワクワク・・・ちょっと不安

今日は、2015年12月23日(祝)です。
もうすぐクリスマスやらお正月ということで、世間は賑わっております。

そんな状況の中で、私もそれなりに浮かれていたりしております。

一方で、なんか落ち着かないというか、不安というか・・・。
何とも言えない焦燥感も感じています。

なんででしょうね~?!
ことを知っている方はもしかしたら、理由について察しがつくかもしれませんね。

「嬉しいような・・・不安なような・・・。」こんな感情の1つ目の理由は、来年度から新しい職場に異動することになったからです。
新しい職場・土地・人間関係、どんな感じなのでしょうか。
本当に全く分からないです。
ただ、一つ分かることは、仕事量が増えることです。
講義負担が6倍くらいに増えます。
時間配分考えて行動しないと、リアルに研究時間ゼロの日々を送ってしまうことになります。
不器用な私なら、十分あり得ることです。
これからは、心を入れ替えて、「地道にコツコツとっ」を目指そうっと。

あぁ~、なんか本当に落ち着かないです。

何らかの教職についておられて、かつ万年筆好きのかたは、採点用万年筆って一本は持っておられるのでは無いでしょうか。

私も採点用万年に憧れてまして、やっと採点専用の万年筆を手に入れました・・。

って、はっきりいって贅沢です。採点に万年筆なんて~?!

ですが、「ある時期にはかなりの頻度で使う」のでまあ、実用性もある意味では?あるのでは無いでしょうか?

ねっ、世の中の万年筆好きの先生方?

FullSizeRender (7)

s_IMG_0130.jpg


ところで、昨日この万年筆で採点をしていましたところ、調子が良くない・・・。

というのは、ザラ紙に採点しているのが原因かもしれないけれど、滑りが良くない。

他の紙に書いてみたときは良かったのだれど。

いや、○を付けたいところでも、なかなか○をつけさせてくれないのが、滑りの悪さの一番の原因なのか?・・・orz

まぁ、私がもしも学生だったらっと考えると、みなさん、それよりは良く出来てたので、それは良いや~。

それはさておき。


また年末に Pen and message. の吉宗さんとこに行って、調整してもらおう~っと。


s_IMG_0125.jpg

好みのインク

IMG_0072.jpg

今までは彩度の高いブルーインクが好みでした。しかし、最近の好みは変化してきて、落ち着いた色が好みになってきています。ただし、落ち着いた色って言っても、真っ黒では面白く無いと思います。では具体的にどんなインクが好みか?っていうと、写真にある「カランダッシュのマグネティックブルー」や「ペリカンのエーデルシュタインのタンザナイト」のような所謂グレー系のブルーブラックが気に入っています。勉強するときにこのようなグレー系ブルーブラックは最適ではないかと思うようになってきました。この好みはここ一年間くらい続いており、今後も続くのではないかなと思います。

IMG_0074.jpg

OMAS パラゴン 1

IMG_0077.jpg

IMG_0079.jpg

今日は休日です。平日は仕事で一杯一杯で、わざわざ趣味のブログの文章を書く気力はありませんが、休日には趣味のための時間があります。といいことで、今日はOMASについて語りたいと思います。

先日、半年以上欲しくて我慢していた、念願の OMAS ブラック・ゴールドフィニッシュ(ペン先M)を手に入れました。万年筆を購入するのは久々なので宅配便で届けられたのを受け取った瞬間は最高潮にテンションアップ。万年筆を手に入れる際にここまでドキドキ・ワクワクするのは、いくら嬉しがりの私でも、めったに無いことです。本当に子供みたいですね。

ところで、以前の私だったら選ばないであろう(基本的にゴージャスなデザインが好みでしたもん)、地味めである黒金デザインを選択したのかというと・・・。Pen and message. さんのホームページをじっくりながめながら選んでいたとき、「黒軸と金金具の色合いがクラッシクで、悪く言えば古めかしいながらも、どこか新しさを感じる色合いだな」と感覚的に思ったからです。加えて、現代的かっこよさもあると感じました。

通常であれば、ノートに書くのに適している(外国製での)細字(Fサイズ)を選ぶところですが、あえて今回は中字(M)を選びました。イリジウムが紙の上でヌルヌル滑る万年筆独特の気持ち良い感覚を味わえるのは、やはり中字くらいの太さが必要と思ったからです。それに、最近は勉強や研究の際には、大和出版さんの神戸派計画シリーズのリスシオもしくはグラフィーロA4用紙に大きな字で早書きしているので、多少字幅が太くても文字が潰れないからです。

ペン先を紙の上で滑らしたときに手に伝わる感覚はOMAS独特のものがあると思います。独特の感覚とは、ねばり感と微妙なシナり感であります。サラサラ滑る感覚の中に程よい粘りが隠れており、また、縦方向に微かにシナる柔らかさも手に伝わります。これらの感覚が書くことをやみつきにさせます。本当に書いていて楽しいペンであると思います。

一般的に文字を手で書くことはもう時代遅れなのだろうけれど(確かに手書きには不便な面も多いとは思いますが)、もともと、書くことが好きな私にとっては、OMASパラゴンが与えてくれる絶妙な感覚は、キーボードのタイピングよりも、その先を行く「新古典的」なものであるように思う。ここまで満足感を与えてくれる万年筆って、現行品で他にあるのだろうか?と思ってしまうくらいOMASパラゴンに惚れてしまっています。ああ、危険な香りがする。最近は本数を減らすようにしてきたのに、また増える予感がします。でも、これからは、滅多やたらに衝動的に集めようとせずに、本当に好きなものだけを大事に所持していきたいと、心から思います。万年筆マニアとして新境地に達したような気がする今日このごろです。

IMG_0088.jpg

IMG_0082.jpg

(久々に写真アップ)万年筆の原点

試しにBlogの記事を更新してみたいと思います。

万年筆の趣味の原点は、イタリア万年筆です。

特に、この写真のDELTAドルチェビータです。

これは手放す気にはなりませんでした。

写真を貼ってみましたが、どうもうまくいきません。
次回は縮小して見られるように調整します。

DELTA1


DELTA2

ブログ復活

ブログ中断してから早2年くらい経ちますね~。

もしも、楽しに見読んでくださっている方がおられましたら、更新中断してしまい、申し訳ありませんでした。

また、pen and message. の吉宗さん・久保さんや、くまめくりでお馴染みのつきみそう先生、せっかくリンクしてくださっているのに、すみませんでした。

今日から、ブログ復活させていただきます。

まあ、気ままに更新ですので、不定期投稿なのはお許し下さい。

みなさん、よろしくお願いします。

プロフィール

YY

Author:YY
万年筆にハマって10年。

気まぐれな性格なので更新が不定期ですが、気長に付き合ってください。

時計

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問人数

TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。